作者: 佐藤 千枝

<台湾総統府>
蕭錦文さんは週に一度か月に一度、総統府でも日本語ガ
イドをやっている。その蕭さんが言うには国民党政権に
なってから総統府見学コースの展示内容が変わったそう
だ。蕭さんから撤去された展示物の写真を見せてもらい
ながら(撤去される前に写真を撮って保存しているそう
だ)話しを聞いたが、やはり行かなきゃ解らないという
ことで、2012年4月に行ってきた。

9時ちょっと前に見学コース入口に着いたときにはすで
に行列が出来ていた。私が並んだ直後に観光バスが到着
し私の後ろに長蛇の列が…。前も後ろも台湾人か中国人
の観光客だ。9時になって先頭からパスポートチェック
が始まるがなかなか進まない。それどころか列に並ばず
に入口付近でたむろっていた人々が次々とパスポートや
身分証明書を見せて中に入っていくではないか!(中に
は日本人グループもいた)

なんかいいかげんだなぁε~( ̄、 ̄;)ゞ

中に入ると荷物のチェックをし、そのまま行こうとする
とバックはコインロッカーに入れるよう指示される。
ロッカーにバックを入れると、側にいた係員が「カメラ
OK」と言うではないか! えっ、カメラ持ってっても
いいの? 昔は確か駄目だったよなぁ。

日本人グループに合流して総統府の中に入る。今回のガ
イドさんは日本語が発音から完璧な初老のお爺さんだ。

「チャードードージーガウ(よろしくお願いします)」(台
湾語)と、言ったら苦笑してた。やはり発音が下手だっ
たか。(;^_^A

中に入ると、一番初めにあった昔の総督府の写真に歴代
総督と中華民国総統の顔写真の大パネルが無くなってい
る。やはり日本統治時代50年で19人と総督と比べ、
中華民国時代67年で総統は6人しかいない。あまりに
もバランスが悪すぎて中国人観光客に見られたくなかっ
たのか?

最初の部屋に入る。昔は中華民国と国交のある国々から
送られた勲章や品々が飾られていたが、今は総督府の歴
史を中心に日本時代の展示だ。

教科書で見た下関条約を締結したときの絵画に始まり、
初期の総督府のデザイン画や設計図。歴代総督の名前と
顔写真が歴史絵巻のように展示されている。

なるほど、ガイドさんは数ある展示物から案内する箇所
をセレクトしてガイドするから、歴代総督の展示物を案
内しなければ、中国人観光客もあまり気に留めないだろ
うな。(同じ部屋にいた中国人観光客の団体が説明を受
けていた展示物は、日本人グループは案内されなかった
し)

太平洋戦争時に爆撃された総督府の写真は昔と同じだが、
太平洋戦争前にアメリカ軍が撮影した総督府の航空写真
が無いな。蕭さんが『アメリカが戦争準備をしていた証
拠』と言ってたのに・・・。

説明の中で、日本・台湾・中国一帯の地図を見ながら
『地政学上、台湾は重要な位置に有ったため、日本は日
清戦争で台湾を手に入れた』と言っていたが、ちょっと
待て!まるで台湾を手に入れるため日清戦争をやったよ
うに聞こえるが、確か台湾割譲が決まったとき、『コジ
キが馬を貰うようなもの』と、フランスに売却する案が
出たんじゃなかったっけ? 台湾では、そのように教え
られているんだろうか?

重慶南路側の部屋だが、昔は各部屋に蒋介石・蒋経國・
李登輝氏の写真や服や持ち物の展示であったが、今は台
湾の特産品の展示コーナーになっている。ガイドさんが
ウナギの説明をしながら『近くに日本人が経営するウナ
ギ屋がある』とその店のカードを配っていた。ガイドさ
んはウナギ屋さんからお客一人に付きいくら貰えるんだ
ろう?

廊下には台湾と国交のある国々の地図や国旗や馬総統が
それぞれの国を訪問したときの写真が展示されている。

貴陽街一段側の部屋には、以前は、日本時代の古い書類
や官報が展示されていたが、現在は閉鎖されていた。最
後に「中庭の撮影はOKですよ」のセリフで見学終了。

昔より歴史的展示物が少なくなっていたな。ガイドさん
の説明も一箇所を除いては、客観的な説明だ。でも最後
にガイドさんがそそくさと去っていったような気がして
しょうがない。もしかしたら李登輝友の会で総統府を見
学したときにでも会ったかな?(私は人の顔を覚えられ
ないタチなのでガイドさんに見覚えが無いのだが)。そ
れともガイドの途中でツッコミを入れる日本人が多いの
だろうか?(だとしたら迷惑だろうなぁ。ガイドさんだっ
て上から規制や お達しがあるのかもしれないし)。

今度見学するときは出来るだけガイドさんから離れて、
日本人には案内されない展示物を見てみたら面白いかも。
それまでこの見学コースが残っていますように(-∧-)

創作者介紹
創作者 taiwanyes 的頭像
taiwanyes

台灣之聲

taiwanyes 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()