台北駐日経済文化代表処(台湾駐日大使館)の馮寄台・駐日代表(大使)は12
月23日付の「毎日新聞」に寄稿し、地図上で台湾と中華人民共和国(中国)が同
じ色で塗られ、統計でも台湾を中国の数値の中に加えているケースがある日本の
社会科教科書(地図帳)の台湾表記が「現実から乖離している」として地図や統
計で台湾と中国を正しく区別するよう訴えた。

 馮大使は、中国国民党の馬英九政権の立場から、台湾が「中華民国政府に返還
された」という認識に立ち、「中国の統一」または「台湾の独立」を望むのは極
めて少数だとしているが、「台湾は中華人民共和国の一部ではない」と明確に訴
え、日本の教科書出版社に対して現実を直視するよう求めている。

 台湾国内では「中華民国」体制を当面現状維持するのか、不当な(本来の憲法
上領土と実効支配領域が全く一致しない)「中華民国」体制を廃止して「台湾」
を国号とする正常な国家を速やかに建国すべきか意見が分かれているが、「台湾
は中華人民共和国の一部ではない」という事実認識は与野党一致している。「台
湾は中華人民共和国の一部」などという事実に反する洗脳教育を日本に一刻も早
くやめてもらいたいのは台湾人共通の願いである。

創作者介紹
創作者 taiwanyes 的頭像
taiwanyes

台灣之聲

taiwanyes 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()