目前分類:日本產經新聞 (73)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

山田吉彦 東海大教授

 尖閣諸島と台湾との距離は約170キロメートル。尖閣・石垣島間とほぼ同じだ。中国は「尖閣諸島は台湾の一部なので中国の領土だ」と主張している。この主張は意味をなさないが、東シナ海の安定の鍵は、台湾の動向にあると私はみている。

 馬英九総統は、今月1日に「東シナ海イニシアチブ」構想を発表した。この構想は、東シナ海の情勢に関して日本との平和・互恵を柱に対話を継続し「対立行動の自制」「争議の棚上げ」「海洋資源の共同開発に向けたシステムの構築」などを目指すものだ。これは、明らかに日本へのラブコールである。現実に馬総統は、同時期に与那国島に無許可で接近した海軍の司令官を叱責した。しかし、日本政府は、このような台湾の意思表示にまったく対応していない。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

吉村 剛史(産経新聞台北支局長)

【産経新聞:2012年9月12日「台湾有情」】

 沖縄県・尖閣諸島を、「わが領土」とする中台の主張は、付近で石油資源埋蔵の可能性

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.9.15産経新聞[産経抄]

 いま上海は異様な空気に包まれているという。道を歩いていただけで、ラーメンをぶっかけられたり、飲食店で殴られたりする日本人が続出している。小欄の友人も「おまえは日本人か」と路上で聞かれ、とっさに「シンガポールからきた華僑です」と英語で答えて難を逃れたとか。

 ▼いよいよ中国が、本気で尖閣諸島を奪おうとしている。6隻もの海洋監視船が尖閣諸島沖に襲来し、日本領海を侵犯した。近く漁業監視船が漁船を伴って大挙して尖閣周辺に押し寄せ、一部は不法上陸するとの情報さえある。「開戦前夜」といっても過言ではない。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.9.17 産経新聞

 中国で尖閣諸島(沖縄県石垣市)国有化に抗議する反日デモが拡大するなか、小礒明・東京都議が今月8日、台湾南部・台南市を訪問中に男に生卵をぶつけられる事件が起き、現地メディアが15日になって一斉に報じた。小礒氏は16日、産経新聞の取材に応じ、男について「中国大陸出身者ではないか」と指摘、「あえて尖閣問題と結びつけ日台を分断する意図を感じる」と、親中国の活動家による犯行の可能性を語った。

 小礒氏は7~10日、日本会議地方議連訪台団長として李登輝元総統らと面会。小礒氏によると、台南市内のホテルで8日夜、市長主催のレセプションを終え客室に戻る際、エレベーター前でいきなり背後からサングラスをかけた男に卵を投げつけられた。1、2個が肩あたりに当たり、男はそのまま逃げた。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

防衛大学校教授・村井友秀




taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.8.6 産経新聞



 【台北=吉村剛史】台湾の馬英九総統は5日、台北市内で開かれた「日華平和条約発効60周年」関連式典で、「東シナ海平和イニシアチブ」を提言した。「資源の共同開発」「行動規範の策定」などを呼びかけており、積極的な提言で東シナ海における台湾の存在感を示す狙いとみられる。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

湯浅博

 その日はまだ、夏の名残の残暑があって、街路樹の影を踏みながらいつものビルに向かった。銀座の並木通りは、世界でも屈指のおしゃれな通りかもしれない。その通りのはずれ、1丁目に「並木書房」はあった。

酒屋の脇を抜け、動けば「ギー、ガタン」と鳴くエレベーターに乗った。代表取締役会長、奈須田敬さんの部屋は8階にある。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.7.8産経新聞

 1928年12月29日の早朝のことである。旧満州・奉天(現瀋陽)の町に「青天白日旗」が一斉にかかげられた。爆殺された父親の張作霖に代わり、この地の軍閥に君臨していた張学良の命によるものだった。歴史的な易幟(えきし)(旗を変える)として今もその名を残す。

 ▼青天白日旗は張作霖と対立していた蒋介石の国民党の旗だった。易幟は張学良が蒋介石の軍門に下り、手を結ぶことを宣言していた。それ以来、この地の中国人による反日運動が強まる。危機感を持った日本の関東軍が満州事変を起こすことになるのだ。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.7.7 産経新聞

 【台北=吉村剛史、北京=矢板明夫】中国、台湾、香港など中華圏の反日団体が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐって連携を深め、活動を活発化させている。4日に尖閣諸島海域を領海侵犯した台湾の活動家らは、中国から資金援助を受ける香港の政治団体に所属しており、現場海域に持っていったのは中国の「五星紅旗」だった。中国メディアは活動家らを英雄扱いし大きく宣伝している。日本と対抗する際に、台湾の活動家を“先兵”として使い、日台分断を図りたい胡錦濤政権の思惑がちらつく。

 尖閣諸島の領海内に侵入した活動家、世界華人保釣(釣魚島を守る)連盟の黄錫麟主席は地元メディアとの会見で、同諸島海域で掲げた中国国旗を魚釣島に投げようとしたが、海面に落ちたエピソードも披露した。「なぜ中華民国(台湾)の旗を持っていかなかったのか」との質問に「出発を急いだメンバーが忘れた」と説明した。しかし、同団体周辺からは「6月中旬に香港で開催された(同連盟の)大会で、五星紅旗だけを持っていく決議がなされていた」との情報が流れている。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

平成24(2012)年6月27日】

 私たちの知らないところで、私たちの知らない人が、私たちが遭遇した困難のために祈
ってくれている。東日本大震災に際して、世界中の人々から多くの救いの手が差し伸べら
れたことは記憶に新しい。が、私たちが知らないこんな話もあった。(フジサンケイビジ

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

産経新聞:平成24(2012)年6月25日            吉村 剛史

 今月は台湾でも発達した梅雨前線による豪雨に続き、台風5号が襲来。各地で死傷者が出
たのをはじめ、農作物などが多額の損害を受けた。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

産経新聞 2012年6月24日


 ◆観光客を呼び戻せ

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

中国人従業員に挨拶もしない日本人幹部たち 隠れた「チャイナリスク」とは
2012.6.18産経ニュースより

 対中進出した日系企業が訴えるトラブルは、ヒト、モノ、カネのあらゆる面にわたる。そんな「チャイナリスク」の中でも急増中なのが「盗難リスク」という。被害に遭って通報はしても、失敗例として社外に公表することなど、なかなかできない。そこで、いくつか実例をご紹介しよう。(フジサンケイビジネスアイ)

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.6.21産経新聞

                産経中国総局長・山本勲

 尖閣諸島をめぐる日中の攻防が再激化してきた。中国は東京都による同島購入計画を進める石原慎太郎知事を集中攻撃しているが、いずれ矛先を日本政府へ向けてくるのは必至だ。自国の領土・領海を断固守るのは当然だが、民主党政権が中国漁船体当たり事件時のような醜態を演じないか気がかりだ。野田政権は南シナ海の領有権をめぐり、硬軟両様の多角外交で中国と互角に渡り合うベトナムの知恵に学んではいかがか。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012年6月8日産経新聞より


                    平和安全保障研究所理事長・西原正

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.6.4ms産経より


http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120604/wec12060408000000-n1.htm

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.5.29 産経新聞


 台湾の日本語世代の歌人、呉建堂氏(故人)が創設した短歌会「台湾歌壇」の事務局長、三宅教子さんは、岡山県倉敷市の出身。細やかな気配りで知られる会のアイドル的存在だ。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

軍隊も無(な)い太平洋上の小さな島嶼(とうしょ)国家パラオが、強大な軍事力でアジア・太平洋の島嶼・海洋資源を次々に不法占拠する中国に対し正義を貫いた。違法操業を犯した中国漁民を「法に基づき起訴した」のだ。しかも、警告を無視した中国人を結果的に射殺して尚、正当性を譲らない。この報に接した瞬間、戊辰戦争で「武士の一分(いちぶん)=面目」を貫いた請西(じょうざい)藩(現千葉県木更津市)第3代藩主・林忠崇(ただたか)(1848~1941年)に、唐突にも思いを馳(はせ)せた。中国を恐れ、その違法に目をつぶるわが国はパラオと忠祟に学ぶがよい。(SANKEI EXPRESS)

パラオと忠祟の気概

 請西藩は1万石の小藩ではあるが、林家当主は正月元旦に、江戸城内で将軍から最初に杯と兎(うさぎ)の吸い物を賜る栄誉に浴する。林家の祖が、戦(いくさ)に敗れ流浪していた徳川家の遠祖を匿った際、貧しくて十分なもてなしができなかった事(こと)から冬の寒中、猟に出てようやく射止めた兎を吸い物にして饗応(きょうおう)した故事に因(ちな)んでいる。青年大名・忠祟の脳裏には、この故事がうっとりするほどの誇りとなって刻まれていたに違いない。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012.5.13 産経新聞 

           吉村剛史

 台湾には、日本人にとって懐かしい景色が多い。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2012年5月15日産経新聞

日本は万全の備えと覚悟を

 北京での日中韓首脳会議(サミット)に合わせて設定された野田佳彦首相と中国の温家宝首相との個別会談で沖縄・尖閣諸島をめぐって応酬があり、温首相が「(中国の)核心的利益と重大な関心事を尊重することが大事だ」と発言した。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

1 234
找更多相關文章與討論