目前日期文章:201003 (21)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

2月21日の「東京新聞」で、米国総局・岩田仲弘記者の
ニュースがわかる「米国の台湾関係法って?」という解説記事に「中国と国交を
結び『台湾は中国の一部』と認めたとはいえ」という記述があるが、これは事実
ではない。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()

奮って参加を

4月3日(土)午後1時半から、大阪市立難波市民学習センター講堂

講演1 『フォルモサ便りの想い出』 ~台湾から日本へ思いを伝えた経験から~ 

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬

昨日(3月18日)の毎日新聞の5面の片隅に、岡田克也外相が17日に外
務省で王毅・中国国務院台湾事務弁公室主任と会談したという小さな記
事が掲載された。ところが、王毅発言を伝える中で「日中共同声明」につ

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

数人の候補者を選ぶだけでバカ騒ぎをしても中華民国体制はビクともしな
い。勝っても負けても中華民国政権は倒れないのである。選挙は民進党に
任せて民衆は反体制運動をすべきである。

選挙は国民を疲弊させるだけでなく革命のエネルギーも奪う。選挙で民間

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

ブログ「台湾は日本の生命線!」より
ブログでは写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1072.html

■台湾「大使」の日本メディアへの反論  

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

☆日時

平成22年4月4日(日)午後6時15分~8時半頃(6時開場)

☆会場

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

3月中旬、台湾中部を訪問し、現地の独立派の声を聞いてきた。

3月12日、台北で開かれた台湾独立建国聯盟創盟40週年
大会、13日の第二次国内外台湾国是会議参加のための訪台
であったが、久しぶりに中部の友人たちに会いに行ってみたのだ。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

時局心話會 代表 山本 善心

 昨年暮れ、台湾の台中で第4回中台交流機関のトップ会談が開催され、そ
の会場近くで、野党・民進党(独立系)を中心とする10万人規模の抗議デモ
が行われた。馬英九政権が進める対中関係政策の改善を求め、デモ隊は

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

伊原吉之助先生「台湾併呑の危機と鄭南榕精神─『台湾大劫難』を手掛かりとして」

戒厳令下の台湾において、公開の場で初めて台湾の独立建国を叫び、あるいは2・28事件の真相究明を求め、遂には一死をもって国民党の圧政に抗し、台湾に民主・自由の道を拓いた鄭南榕烈士。

鄭烈士は1988年末、台湾独立建国聯盟主席だった許世楷氏(前駐日代表)の「台湾共和国憲法草案」を、主宰して編集長をつとめる自由時代社の週刊誌「自由時代」に掲載。1989年の年が明け、検察は叛乱罪容疑で召喚しようとしたが鄭烈士は頑として応じず、台北市内の自社に籠城、完全な言論の自由を求めて抗議し続けた。「国民党が私を逮捕できるとすれば私の屍だけだ」と宣言、4月7日午前9時過ぎ、警官隊が包囲する中、ガソリンをかぶって覚悟の自決を遂げられた。享年42。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

以下はブログ「日本と台湾を考える集い(関西)」より
ブログでは写真も↓

http://taiwankenkyuforumkansai.blogspot.com/2010/03/blog-post.html

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2010.3.1314 産経新聞


  【台北=山本勲】台湾民主政治の深化をめざした「李登輝民主協会」の創立大会が13日、台北市で開かれ、理事長に「老台北(ラオ・タイペイ)」の敬称で知られる蔡(さい)焜燦(こんさん)氏が就任した。主賓として招かれた李登輝元総統は党派対立に明け暮れる台湾政治の現状を厳しく批判、「民主政治の成熟、深化、本土化に努めるべき」と強調した。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

スケジュール

■ 日時:2010年3月13日(土)午後1時集合/午後2時出発

■ 集合場所:六本木 三河台公園

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

■台湾激励のため渡台した二人の日本人 

台湾の戦後史は日本人にとっても無関心ではいられない。

四五年の終戦で蒋介石の中華民国軍(国民党軍)の占領を受けた台湾人の悲劇は

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2010年3月7日開催「民族問題を通じてアジアの未来を考える」に寄せたメッセージ

(株)日本文化チャンネル桜 二千人委員会 栃木県支部主催 三民族合同講演会「民族問題を通じてアジアの未来を考える」

ウイグル協会より

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

共の間接侵略を自ら誘導するのか

日本李登輝友の会機関誌「日台共栄」二月号より転載

   日本李登輝友の会常務理事、「台湾の声」編集長  林建良

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

去る平成21年8月11日、台湾の立法院議員高金素梅ら一行約五十名は突如靖国神社境内に現れ、神社に眠る多くの御霊の面前で、「靖国神社は合祀を止めろ!」等と書いた横断幕を拡げ、拡声器を用いて「靖国No!」等のシュプレヒコールを連呼して行進して拝殿に迫り、あるものは静止する警備の神職に傷を負わせ、あるものは賽銭箱をまたぎ土足で拝殿に入るという信じられない暴挙が、白昼、多くの参拝者が見守るなかで行われました。

やがて高金素梅らは、持ち込んだプラカード等を境内に捨て置いて意気揚々と引き上げ、彼らを日本に招聘した社民党本部に凱旋して拍手をもって迎えられ、台湾帰国後、北京に赴いて胡錦濤首席に戦果を報告するなど、全くの英雄気取りであり、反省の色は微塵もないようです。

私たちは、今回のような靖国神社と国事に殉難された御霊に対する公然不敬の狼藉を日本人として断じて許すことはできません。それは日本人の民族の魂を侮辱するものです。実は、高金素梅の靖国神社に対する狼藉は、今回に始まったことではなく、過去においても幾度となく靖国神社を訪れ、不敬を働いてきました。しかし、今度という今度は、良識ある日本人の忍耐の限度を越えています。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2010.3.1

2月27日の立法委員(国会議員)補欠選挙でも好成績をあげるなど、勢いに乗る民進党だが、近く領土変更案を国会に提出する。

国民党政権が中国時代の1946年、南京で制定した現行の中華民国憲法は領土に関し「中華民国の領土は固有の領域(疆域)による。国民大会の決議を経なければ変更できない」とだけある。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

3月6日(土) 李登輝友の会理事の濱口和久先生による
「日韓併合100年~竹島問題の現在~」を行います。

竹島の日から二週間遅れとなっておりますが、
都内でも珍しい専門家をお招きしての竹島問題を取り上げている講演会になりま

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

2010.3.4 産経新聞

  【ワシントン=古森義久】中国の軍事態勢を研究している米国民間の研究機関「国際評価戦略センター」は、台湾に対する中国の軍事攻撃能力強化についての報告書を発表し、中国軍の増強がこのまま続くと台湾との軍事均衡が完全に失われるだけでなく、台湾有事への介入の可能性を保とうとする米軍の抑止力も無効になるだろうとの見通しを明らかにした。

 同センターのリチャード・フィッシャー主任研究員が中心となって作成した報告書は「台湾海峡の空軍力バランス」と題され、まず中国と台湾との空軍力比較について、「中国は2000年には合計100機未満だったロシア製の第4世代の戦闘機群を10年には400機ほどに増し、さらに中国製の同第4世代の多目的戦闘・攻撃機280機を保有するにいたり、現状でも台湾の空軍力を圧倒するようになった」と述べている。

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

時局心話會代表 山本善心


  東アジアは中国の急激な軍拡や北朝鮮の核開発、大量破壊兵器の拡散
など、わが国を取り巻く安全保障環境は存亡の危機にあるが、オバマ政権

taiwanyes 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

1 2
找更多相關文章與討論